投稿者「小澤」のアーカイブ

衛生管理アプリ キャンペーン情報

こんにちは。今回は「衛生管理アプリ」のお得なキャンペーンをご紹介します!
2021年6月、食品衛生法の改正により、食品を扱う全事業者に対してHACCP(ハサップ)に沿った衛生管理が完全義務化となりました。

HACCPとは?
Hazard Analysis and Critical Control Point
国際的な衛生管理の手法。 原材料の入荷から製造、出荷までの各工程を継続的に監視・記録し、問題のある製品の出荷を未然に防ぐこと。
参考元:リーフレット「ご存じですか?HACCP」(厚生労働省) 

HACCPに沿った衛生管理の制度化
原則として、すべての食品等事業者に、一般衛生管理に加え、HACCPに沿った衛生管理の実施を求める。ただし、規模や業種等を考慮した一定の営業者については、取り扱う食品の特性等に応じた衛生管理とする。
参考元:食品衛生法等の一部を改正する法律(厚生労働省)

弊社では、この度の完全義務化に伴い、衛生管理アプリの利用料が最大40%OFFになるキャンペーンをご用意しました!7月30日までにご利用のお申込みをいただいたお客様を対象に、数量限定、先着順でご案内しています。

衛生管理アプリでできること
①食品取扱従事者の衛生・健康チェックをタブレットで管理
本人確認を行い、チェック作業とデータ記録を同時に行います。
表示に従って入力するだけで、モレなくチェックできるよう操作性も工夫。
②チェック内容や周知したい情報をお客様自身で自由に設定、変更可能
実情に合わせた運用や情報共有で、教育訓練やリスクマネジメントの強化に。
オプションで外国語にも対応しています。

ぜひこの機会にご検討くださいませ。
まずはお話だけでも、どうぞお気軽にお問合せください。
衛生管理アプリを詳しく見てみる

今年も五反田の桜はきれいです

新型コロナウイルス感染症対策として、在宅勤務を導入して一年が経ちました。
リモート環境下においてもご支援を継続させていただき、大規模なプロジェクトも無事リリースを迎えることができました。特にこの一年の経験は、弊社にとって大きな財産になりました。まだまだ大きなうねりの中にいる感覚ですが、今年も目黒川の桜は美しく、変わらない景色にほっとします。事務所からの眺めも、淡い桜色が占めています。お近くにいらした際は、ぜひお立ち寄りください。

さて、2021年6月から義務化されるHACCP(ハサップ)の計画支援ツール『HACCPナビ』の取り扱いを開始しました。比較的導入いただきやすいお値段も特徴の一つです。ご興味をお持ちいただけましたら、こちらよりどうぞお気軽にお声がけください。

五反田の桜

2021年春、メンバーOさんの一枚

新年のご挨拶

旧年中は大変お世話になり誠にありがとうございました。

本年も社員一同、”隣の感覚” でより一層皆様のお力になれるよう精進する所存です。
皆さまにとりまして、2021年が素晴らしい一年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

オフィス電話、どうされていますか?


 
電話業務の支援ツール、別名”おもてなし電話”の『カイクラ
Webセミナーにて、電話業務の課題解決方法や導入企業様の事例をご紹介しています。

電話応対を見直したい、課題を感じているという方へ
電話応対の課題改善で得られるCS向上
日 程:2020年10月2日、7日、9日、14日
時 間:18:00~19:00(60分)
会 場:オンラインでのライブ配信
参加費:無料
お申込みはこちらから

■参加方法
当セミナーは、インターネットに接続できるパソコン、もしくはスマートフォン、タブレット端末からご参加いただけます。視聴方法はお申込み後に別途ご案内いたします。

コロナ禍でも、電話のコミュニケーションを大切にしたいとお考えのみなさま、職場の環境整備に尽力されているみなさまのお力になれますと幸いです。どうぞお気軽にご視聴ください。

【Webセミナー】在宅勤務の”電話問題”解決のヒント

新たな生活様式、みなさまはどのように過ごされているでしょうか。
弊社では7月も在宅勤務を継続し、感染させない・感染しない対策をして参ります。

さて、在宅勤務中にオフィスへかかってくる「固定電話の応対」はどのようにされていますか。電話でのコミュニケーションが多い場合、出社をしたり、電子メールを活用したりと、工夫やご負担も増えているかも知れません。

弊社でも、現在9割以上のメンバーは在宅勤務ですが、電話含む一部業務は出社し対応しています。

そうすると、
・かかってくる件数が多いほど、取り次ぎに時間や負担がかかる
・普段電話を取らないメンバーが対応
・電話を掛ける側としては、担当者に直接繋がっていたのにそれができずにストレス

など、新たな課題が出てきます。
そこで、大事なのは「電話の掛け手に素早く連絡を取る」「電話の受け手の負担を減らす」こと。そのサポート役を担うのが電話業務の支援ツール『カイクラ』です。

勤務場所問わず、オフィスに「どこの、どなたから」かかってきた電話か、どのメンバーでも即時に把握できるため、電話を取る際の負担軽減や、取り次ぎの手間なしに担当者から電話を折り返すことも可能です。

現在、弊社ではそのようなヒントや事例を、無料Webセミナーでご紹介しています。

Withコロナ時代 電話応対はどう変わる?CS向上方法とは?
日 程:2020年7月2日~29日
会 場:オンラインでのライブ配信
時 間:60分
参加費:無料
内 容:Withコロナ時代の電話応対、電話を使ったCS向上施策 など

■参加方法
当セミナーは、インターネットに接続できるパソコン、もしくはスマートフォン、タブレット端末からご参加いただけます。視聴方法はお申込み後に別途ご案内いたします。

詳しい日程、お申込みはこちらをご確認ください。

コロナ禍でも、電話のコミュニケーションを大切にしたいとお考えのみなさま、職場の環境整備に尽力されているみなさまのお力になれますと幸いです。どうぞお気軽にご視聴ください。