おもてなしの電話対応
シンカCTI「カイクラ」

  • カイクラは、お電話が着信した瞬間にお客様情報と対応履歴がすぐにわかる、顧客接点クラウドサービスです。スムーズな電話応対で他社よりも一歩進んだおもてなしをご提供できます。
  • ※2019年11月1日より「おもてなし電話」から「カイクラ」へ名称変更しました
  •  お問い合わせはこちら
  • 導入事例を見る
電話応対からのCS向上セミナー

シンカCTI「カイクラ」の特徴

お問い合わせはこちら

シンカCTI「カイクラ」活用事例

シグマクレストの社員に聞いてみた

── 利用一か月の新人の声 ──

電話業務についての印象や実際に行った感想を教えてください。
  • Bさん
  • 正直、電話業務に対して良い印象は持っていませんでした。

    • ・誰から電話が掛かってくるかわからない
    • ・音声のみの情報を瞬時に正確に把握しなければいけない
    • ・社名や用件を聞き取れるのか
    • ・応対をしながらしっかりとメモを残せるのか

    など、様々な不安がありました。

  • 同じく、不安の方が大きかったです。

    しかし、実際にやり始めるとシンカCTIのおかげで、電話業務の印象が180度変わりました。

    着信と同時にお客様情報がポップアップするので、どなたからの電話かを瞬時に把握し適切な対応ができ、例え、登録されていない方からのお電話でも、心の準備をして落ち着いて応対ができています。

  • Cさん
  • Aさん
  • それだけでなく、これまで先輩方が入力してくれていた応対履歴が残っているので誰に取り次ぐのか、どのような対応をするのかなど、確認せずともスムーズに対応できるので効率化されています。

  • 悪い面はあまり思いつかないのですが、ネットワークの調子が悪いとシンカCTIの反応が遅れるので、電話に出るのをためらってしまいます。

    シンカCTIがあるのが当たり前になっているのかもしれません。

  • Dさん
メンタル的には?
  • 視覚的に情報を把握し、用件を聞くことに集中できる!
  • 自信を持って「○○様、いつもお世話になっております」と言える。
  • 登録されていない方からお電話の場合でも、心の準備をして対応ができる。
  • シンカCTIが上手く反応しないと電話に出るのをためらってしまう。
実務的には?
  • 電話の着信よりも先にポップアップしてくれるので素早く対応ができる。
  • 目と耳で確認ができるので何度も聞き返さなくて済んでいる。
  • 対応履歴が残っているので、確認作業が効率できる。
  • メモ機能を使い、問合せ内容などの共有も簡易的におこなえる。
  • 古い情報が更新されないままでいると、間違った対応をしてしまう。
  • 間違った情報を登録してしまうと周囲にも迷惑を掛けてしまう。
「こうしてほしい」はありますか?
  • シグマでは、自由項目欄のフォーマットがバラバラだけど、統一して使うことで登録の作業は軽減できそう。
  • スケジュール管理と連携ができると便利になりそう。現在は、一度保留して担当者のスケジュールを確認してから対応しているが、 これがボタン一つでできるとスムーズな応対が実現できそう。

新人研修担当よりひとこと

初めは緊張している様子でしたが、これまでの応対履歴が残っているので、お客様ごとの対応を覚える負担がなく、今では電話を取るスピードが上がり、積極的に電話応対をしています。

電話教育の講義は実質1時間だけですが、しっかりとした電話対応ができ、お客様からの評判も上々です。

シンカCTIは100業種以上でご利用されています

お問い合わせはこちら

シンカCTI「カイクラ」その他機能

お問い合わせはこちら

ご利用料金

月額20,000

初期費用130,000円

機器設置費 30,000円~
電話番号 2個~
登録可能な顧客数 30,000件~

※初期費用とは、本サービスを利用するために必要な機器とソフトウェアの料金です

※契約は年契約です

※本サービスを利用するにあたり、電気通信事業者(NTT等)が提供するナンバーディスプレイの契約が必要になります

※上記料金は税別です