システム開発」タグアーカイブ

後1年で20周年を迎えます。

シグマクレストは9月10日をもちまして、設立19年となります。
社員数は45名、パートナー様をあわせると60名弱という体制です。
ひとえにお客様みなさまのおかげです。ありがとうございます。

コロナ下でも、お引き合いをいただける状況に本当に感謝しております。
最近よくお話しいただける業務領域といたしましては、

  1. 販促金EDI対応
    VAN会社様との送受信サーバーの構築を始め、コード変換やチェックの自動化、
    さらには支払い処理にも連携し、効率化に寄与する仕組みです。
    各卸店様とのやり取りも含めて対応させていただいております。
  2. 利益管理、業績管理(DWH)
    社内に分散しているデータをかき集め、見たい軸で分析できる仕組みで経営の高速化に寄与します。
    頻繁にご欄になるものは、毎朝帳票が自動生成され、経営層にはメールが飛びます。
    速報としての粗利や配賦した予算との進捗を翌日にはご欄いただけます。
  3. 基幹刷新プロジェクトの周辺支援(データ移行、サブシステム構築など)
    情報システム部門の一員のように立ち回り、新基幹システムでは
    対応されないサブシステム(利便性を高める)の構築やデータ移行作業など、
    全般的にご支援させていただいております。

など、ここ数年でそれぞれ複数のお客様にてご支援させていただいております。


食×ITを研ぎ澄まして、食品業界になくてはならないシステム会社となるべく
20年、30年と着実に歩みを進めて参ります。
引き続き、ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

 

情熱をuploaded

こんにちは。悩んじゃうお年頃、まめつぶです。

技術的な壁にぶつかったとき
プロジェクトの佳境で毎日遅い日が続くとき
お客様の要望について、うまく意思疎通できないとき
五月雨のようにバグ通知が降りそそぐとき

悩んじゃいますよね。凹んじゃいますよね。

七転び八起がデフォルト

だけど、熱く持っていた情熱が、すっかりと冷え切ってしまったことはないですか?

人間だもの。

そんなとき、とてもありがたいのが、技術的なアドバイスをくれる先輩、
愚痴を聞いてくれる同僚、共に修羅場をくぐって達成感を分かちあった仲間。

高い意識や有り余る情熱も悪くはないけど、もっと大事なことは小さな情熱を消さずに
仲間と共に持続し続けることが大事なんじゃないかな、と。
それが楽しい会社である証だと思ってます。

“Small passion is made to maintain with a Fellow worker”

情熱のキーピングサイクルは以下のように生まれるんじゃないかと思います。

持続する情熱 → 達成する経験
↑                     ↓
検証による自信 ← 継続的な自己研鑽

お客様の課題解決に徹底的に取り組む。自ずと利益はついてくる。
半径250cmにチャンスは存在する。

ただし、情熱と最初の到達点を高く持ちすぎない。
スモールスタートの心がけが大事。

“Think Big, Start Small, and Scale Fast”
「大きく考え、小さく始める。うまくいきそうなら、なるべくはやく規模を拡大する」

悪い例

良い例

きっと考え方次第で、心の余裕も、自身の能力の向上速度も変わってくる!
小さく縮こまれってことではないんです。

2度目になりますが、大きく考えて小さく始める。
山登りと同じで、装備と食料や水の残量、仲間の疲弊度、そういったことを話し合って
ちょっとずつ次のポイント、また次のポイントと歩んで行くうちに、
最終的にはみんなで綺麗な景色が見れるんだと信じています。

そんな会社に近づくために、みんなが日々、歩んでいます。

というわけで、シグマクレストではただいま中途採用枠で、システムエンジニアを募集しております!
一緒に悩んだり笑ったりしながら、綺麗な景色への道程を共にしたい!という方、ぜひ一度覗いてみてください。
→ シグマクレスト中途採用ページ「土の香りのエンジニア募集」

お待ちしております♪

難しい画面が技術者を鍛える?

こんばんわ!あだきちです!

東京はすごい雪ですね。
今朝のバスは壊滅的で、滑りながら途中下車して何とか駅まで辿り着きました。。
その点電車はほぼ平常運行だったみたいで、雪対策が進んでいるんでしょうか?
転倒やスリップに気を付けて下さいね。 続きを読む