タグ別アーカイブ: 読書

「応対」と「対応」の違い

おはようこんにちはこんばんは。今日も元気にニコニコしてますか?ボールは友達、まめつぶです。

ちなみにボールはモビルスーツの方です。オレンジ色のが好きです。

さてさて本題。

雑誌かテレビかは忘れてしまったのですが、インテルの長友選手の心に残る話がありまして
それを振り返りつつ、自分の仕事マインドに照らし合わせてみようかと思いまーす。

長友選手がインテルに移籍した後、試合でのプレッシャーで思うように動けず、
結果として、監督から試合に出場させてもらえなくなってしまったそうです。

出場できない期間に、自分が動けない理由が何故なのか自分を客観視して考えたそうです。
様々な思考錯誤の末、自分は自分の動きばかりを考えていて、周りの選手やその動きが
見えなかった、見ていなかったと言うことに気付いたそうです。

長友選手は、自分に足りなかったものは、周りの選手や仲間を思い遣る気持ちと
感謝する心、そしてその表現の仕方が大切なことなんだと語っていました。

その想いを胸に試合に出場するようになってからは、彼の動きが大きく変化し、
結果としてチームに貢献出来るようになり、
仲間からもファンからも信頼されるようになれたと。

つまり、自分が周りの仲間に対して、どのように対応するかばかりに因われていたから、
周りが見えなくなり、自らの役割が果たせなくなった。
逆に、周りの仲間を思い遣る気持ちを持ち、周りを見るように意識をすると、
このタイミングでは何をすべきか、どう動くべきかが瞬時に判断できるようになったり、
周りのチームメイトやファンに感謝することが自然と出来るようになった、と長友選手は話していました。

アスリートの世界でも、コミュニケーションの大原則は「得るならば与えよ」なんだなぁとしみじみ。
思い遣り、感謝は自分中心に考え行動する対応意識からは決して生まれないということのお手本だなぁとも思いました。

お仕事的な話に変わりますが、
「応答」と「対応」という言葉っておもしろいって感じませんか?
この2文字を前後逆にするだけで、意味が変わるんです。

「応対」は、相手(お客様)に対し、相手の立場や状況を察知し、受け答えや行動することです。
「応接室」、「応接間」など、広く接する相手やお客様等々を思い遣る心で「もてなす」ことを指しているかと思います。

それに対し、逆にした「対応」の場合は、

「対応」=「相手の状況に対し、こちら側を主体とし、対処、処置等々の言動、態度を取ること」

相手に対面し、要求や要請、依頼に応じて行動や処理を行うのが「対応」で、
当然、対応は相手の出方次第でこちらの行動が変化するものだと思います。

クレーム/苦情処理、故障修理、災害などの場合に多く使われる言葉ではないでしょうか。

つまり、「応対」は、相手に対し、その相手に合せた受け答えをすることであり、
サービス業精神の根源である”お客様は神様です”=”お客様あっての私たちです”を意識することであり、
それに対し、「忙しい」とか「スタッフが少ないから」と言った、こちら都合の事情を優先して接している状況は「対応」であると考えます。

接する相手やお客様を最優先する言動で「応対」するように心掛ければ、

長友選手のように良いプレー=よい仕事(おもてなし)ができるのではないでしょうか?

優秀なサッカー選手は、フィールドを上空から見た視点があるとも言われていますね。

おもてなしの心、広い視野、いつでも心にゆとりを持って、素敵なサービスを提供していけたらいいですね。

ちなみに①、ヴォルフスブルクの長谷部選手の著書「心を整える」も素敵なことがたくさん書いております。

ちなみに②、まめつぶはサッカーはからっきしです。

スカイラブハリケーンはプールの中でやった世代です。

しょーもな。

 

 

ツイートツイート

オススメ書籍 投票結果!!

こんばんわ!あだきちです!!

先日の社員総会で行った社員が最近読んだオススメ本をプレゼンし、
読みたい本に投票するというイベントの投票結果が出ました。
システム会社の社員がオススメしているとは思い難い本がずらりと並びましたが、
それだけ個性豊かなメンバーが揃っているということでしょうか?

では、投票結果をどうぞ!! 続きを読む

オススメ書籍

こんばんわ!あだきちです!

本格的に寒くなってきましたね。今日は12月中旬の気温らしいです。
もう秋は終わってしまったのでしょうか・・・

いやそんなことはないはず!なぜなら私が珍しく読書に励んでいるからです。
ということで、最近読んだ本をご紹介します。

続きを読む